UVケアからみるサングラス、日傘、食べ物

こんにちは! 梅雨明けして本格的に暑くなってきましたね! そんな夏の楽しみが自家製赤紫蘇シロップのジュース! この時期だけのお楽しみです。

甘酸っぱくて美味しいのはもちろん 疲労回復に夏バテ予防、ストレス解消、 老化予防に美白効果まであって この時期とっても嬉しいジュースです。 色も綺麗なピンクで見た目もかわいい!

娘も大興奮!

そんな素敵な紫蘇ですが、摂る時間帯には少し注意が必要です。 実は、蜜柑やレモンなどの柑橘類や パクチー、セロリ、しそなど匂いが強い野菜には ソラレンという紫外線の吸収をよくする成分が含まれています。 なので、朝やお昼にたくさん摂ると、日焼けやシミ、しわの原因になるんです。 意外なところではキュウリ、キウイ、イチジクなんかも。 でも、基本的にはこれらの果物や野菜はビタミンも多く含まれるので、美肌を狙うならぜひ食べたい食材でもあります。 なので、15時以降に摂るようにしましょう。

そして、やっぱり紫外線対策するなら 日傘、帽子、サングラスなど物理的なカットも必須。 そこでどうせ買うなら上手に選びたいということで、 今日は日傘とサングラスを買うときのポイントを書きたいと思います。

日傘もサングラスもどっちも大事なのが まずUVカットできるかどうか。 当たり前の条件ですが、UVカット機能のないものもあります! 90パーセント以上は欲しいところです。 日傘は遮光機能があることも大事です。 遮光率は99パーセント以上だと涼しさが全然違うので、私はそれも基準にしています!

あとは内側が黒いこと。 これは照り返し対策です。 内側が白やシルバーだと照り返しがまた照り返して顔に!!! 個人的には外側の色は明るめの方が涼しいと思ったので、 今年は一級遮光で紫外線99パーセントカットの外は水色、中は黒の傘を買いました。

日傘は繊維の劣化などで、UVカット機能が低下してしまうので、

2〜3年ごとに買い換えるといいんですよ! そして意外と大事なサングラス。 目から入った紫外線がシミや日焼けの原因になると言われるようになって、もう久しいですよね! サングラスはUVカット率ではなく、 UV透過率が表示されているものも多いです。 この場合は透過率の低いものがいいので、 10パーセント以下のものがオススメです! そして、レンズの色は薄いものを選ぶようにしましょう。 というのも、あまりレンズの色が濃いと、 瞳孔が開くので、紫外線を取り入れやすくなるからです。 なので、UVカット効果がなくて色の濃いレンズのサングラスは、裸眼より日焼けを促進させてしまうという全くの逆効果ですので 気をつけましょうね! 私個人としてはあまり細い形だとYOSHIKIに似てしまうので

丸い形を選ぶようにしています!!!!

色はピンクです!

髪の色もピンクです。 それでも焼けちゃった! シミが気になる! 夏は顔が老ける!という方は 是非エステ受けに来てください♪ 本当いい時代になったもんです。 夏のキャンペーンの 毛穴、腐脂対策コースはなんと破格の4200円!! 7月末までです♪ 土日はもうご予約がいっぱいなのですが 平日はまだご予約可能ですので この機会にぜひ!! 

#UVケア #サングラス #日傘 #赤紫蘇 #美白 #夏バテ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square