綺麗に見える笑い方

最近ぐっと寒くなりましたが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

フェイシャリストのななこです。

七五三の季節です!

お写真撮られる方も多いのではないでしょうか。

人の記憶は曖昧なもの。

なので、写真うつりがいいってすごく得だと思います!

実物はそんなにでも写真で綺麗であれば

年月が経つにつれて

その写真の顔が本物の顔だったようになる、

そう、証拠は写真だけなのです!!

なので、今日は写真を撮るときにオススメの

ほっぺ笑いについて書いていこうと思います!

まず、頬はお顔のバストと言われていて

ツンっと上向きであると美しいとされます。

頬の1番高い位置は小鼻より上でなければなりません。

そして、鼻の下の長さっていうのも重要で

長いと老けて見えてしまいます。

そこを踏まえて

何もしなくても頬の高い部分が小鼻より上で

鼻の下が短い方は

何も考えずに写真撮ってオッケーなのですが

そうでない方は、どうにかして

その顔を表情筋を使って作ってあげる必要があるのです。

まず、ほっぺ笑いとは

頬の高い位置の筋肉に力を入れ

口角を頬の筋肉で引き上げるような笑い方です。

丸の部分に力が入っています。

口角はリラックスしていて、

奥歯は決して噛み締めません。

なんなら少し上の歯が浮いています。

丸顔を気にされる方は、唇は閉じてても

口の中は開ける感じで上の歯を浮かせると

輪郭がシュッとして見えます!

もう一つの派閥は口元笑い。

口角に力を入れて上げる笑い方なのですが

頬の筋肉が動いていないので

口角が上がりきらないことがあります。 

たるんでいたり、脂肪が多い場合、

口の横に線が現れて、もたもたして見えたり

太って見えやすいという特徴もあります。

あとは目が笑っていないということも。

そして番外編としてアヒル口。

口元に力が入ります。

この笑い方は鼻の下が長く見えるので

元々鼻の下が長い方や

若く見せたい方は注意が必要です!

ただ、口をつきだすので

口元笑いよりは頬のもたもた感は軽減されたりもします。

ではその違いを並べて見てみましょう!

ここで注目なのがフェイスライン。

表情の作り方だけでこんなにラインが違います!

横からも見てみましょう。

ほっぺ笑い以外はもう輪郭がもちゃもちゃです! 

表情でこんなに輪郭が違って見えるとは!!

お顔に無駄なお肉が無くて

頬の筋肉が高いところでぷりっとしてしていて

口元にたるみやつまりがなくて

鼻の下が短い方は

どの角度でもどんな表情でも素晴らしいんです!!

何笑いでもいい!どこに力を入れてもいい!

半目とかでない限りどんな表情でも綺麗なんです。

でも、私みたいにそうでない方は、写真のときは

ぜひほっぺ笑いをしてみてください♪

筋肉がなくて、ほっぺ笑いができない方は

ぜひUNREVEのフェイスレッスンつきエステへお越しください!!

1回2時間(カウンセリング、チェック、レッスン1時間、施術1時間)5940円〜

今からなら12月に間に合いますよ!!!

しっかりお顔の筋トレして輪郭かえましょう!

#写真うつり #たるみ #しわ #顔筋トレ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square